2018年12月21日 更新

「Tricker's」のカントリーブーツにはダイナイトソール!

ダイナイトソールって何?と思われる方でも実物を見たら「これか!」となるのでは。 定番のラバーソールで、ビジネス靴にも重厚感のあるブーツにも採用されるアウトソール。 今回は「Tricker's」のブーツを見ながら説明していきます。

859 view お気に入り 0

「Tricker's」(トリッカーズ)

 (775)

「Tricker's」(トリッカーズ)はあまたの名ブランドの産地ノーサンプトンの靴ブランド。
なかでもカントリーブーツはトリッカーズの代名詞とも言えるくらいの名作です。

ダイナイトソール

そんな名作「カントリーブーツ」のことはまた次回。
今回はアウトソールに関してです。
 (778)

通販で英国靴を見ていると上記のようにアウトソールを選べる、若しくはソールごとに分けてある
ページを目にされたことがあるのではないでしょうか。

この中で1番優れているのはダイナイト!という話ではなく、「コマンドソール」「レザーソール」ともに素晴らしいソールです。
ただ今回は個人的にも気に入っている「ダイナイトソール」をご紹介していきたいと思います。

ラバーソール

 (862)

ダイナイトソールはラバーソールに分類されます。
ラバーソールといえば、天然ゴム、合成ゴムでつくられた「ゴム底」と呼ばれるものですね。
ゴム底といえば上記画像のようなタイプを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
ゴムなので、グリップ力と耐水性に優れています。
 (866)

こちらがダイナイトソール。
ソールの中央に「Dainite」の文字が入っています。
イギリスのハルボロ・ラバー社が生産しており正式名称は「スタッテッドソール」。
正式名称よりも「ダイナイトソール」の呼び方が圧倒的に有名ですね。
また、ハルボロ・ラバー社は「リッジウェイソール」も生産しています。
こちらも傑作ラバーソールですので、いずれご紹介したいと思います。

グリップ力◎

 (868)

ダイナイトソールの特徴といえばこの凸凹デザイン。
ぱっと見ると履きにくそうにも見えるのですが、この凸凹が抜群のグリップ力を発揮します。

このソールが使用されているか否かで購入を検討される方もいるレベルで、ダイナイト以外でもこのスタッテッドソールを使用している靴も多く存在します。

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

革の靴底「レザーソール」とは

革の靴底「レザーソール」とは

「ラバーソール」と「レザーソール」どちらが良いのか? 永遠のテーマの用に扱われていますが、それは一旦置いておき、 そもそもレザーソールとはをテーマに調べていきます。
LIFOOT | 351 view
初めての革靴は迷わず黒の「ストレートチップ」

初めての革靴は迷わず黒の「ストレートチップ」

スーツを着用しない仕事の方などからよく聞かれるのが、「冠婚葬祭」用に革靴が欲しいけど何を買えば良いのか? という質問。 聞きたいけど今さら感があってなかなか聞けない方も意外と多いのではないでしょうか?
LIFOOT | 581 view
知っているようで知らない?ウイングチップシューズのこと

知っているようで知らない?ウイングチップシューズのこと

ウイングチップのシューズといえば、つま先がWの靴ね、と知っている人がほとんど。 ブローグ、セミブローグとなると?全部ウイングチップじゃないの?となる人もいるのでは。 今回は、そんなブローグ系のシューズに関して。
LIFOOT | 971 view
そもそもどの部分?革靴の内羽根と外羽根とは

そもそもどの部分?革靴の内羽根と外羽根とは

革靴を見ているとまず目につくのが「内羽根式」と「外羽根式」。 そもそも羽根って何?という方もいらっしゃるのでは。 いまさら聞けない、けど知っておきたい! そんな「靴の羽根」について。
LIFOOT | 442 view
「GINZA SHOE SHINE FESTA~靴磨き選手権大会 2020~」の開催が決定

「GINZA SHOE SHINE FESTA~靴磨き選手権大会 2020~」の開催が決定

株式会社三越伊勢丹ホールディングスのプレスリリース 配信:PRTIMES
LIFOOT | 0 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT