2021年2月3日 更新

紐を結ばなくていい革靴「モンクストラップ」のすすめ

LIFOOTとしては最初の革靴は断然「黒」の「内羽根」「ストレートチップ」 でも2足目、3足目には少し雰囲気の違う靴も欲しいところ。 そこで今回は、よく目にする靴紐の代わりにベルトが付いている靴「モンクストラップ」をピックしていきます。

 (9438)

今回は、ベルト(ストラップ)の革靴「モンクストラップ」について調べていきます。
まずはよく耳にする2種類について簡単に。

上画像の左側、甲を覆うベルトに2つの留め具が付いたタイプが「ダブルモンクストラップ」。
右側の細い1本ベルトのタイプが「シングルモンクストラップ」です。

ダブルモンクのデザインは、スニーカーなどにも採用されることも多く、目にする機会も多いデザインではないでしょうか。

シングルモンク

 (9107)

シングルモンクストラップは、「MONK(モンク)」の名の通りアルプス地方の修道士(モンク)が履いていた靴がその起源とされているようです。

シンプルながらも1本ベルトが上品に主張してくれるので、ビジネスで履かれている方も多く見る一方、履くのが面倒くさそう、合わせ方が難しい気がする、と敬遠される方も多い印象の「シングルモンク」

まずは、食わず嫌いをせずに向き合ってみるのも大事ということで、何点か有名どころをピックしてみました。シングルモンクの魅力に触れていきましょう。


三陽山長 / 修一郎

SANYO SELECT 楽天市場
品質本位を掲げ、日本の物づくりで靴を生み出す「三陽山長」のシングルモンクストラップ「修一郎」。
ブランドが蓄積してきたデータにより構築されたR2010ラストが採用され、クラシックな顔立ちと日本人に合う履き心地を両立した至高の名作。


Berwick

Style Edition 楽天市場
スペイン製のグッドイヤーで何度かご紹介もしている「Berwick(バーウィック)」
こちらのモンクシューズも本格的な作りながら、手に取りやすい価格でコスパ抜群です。


REGAL / 813RAL

36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

革の靴底「レザーソール」とは

革の靴底「レザーソール」とは

「ラバーソール」と「レザーソール」どちらが良いのか? 永遠のテーマの用に扱われていますが、それは一旦置いておき、 そもそもレザーソールとはをテーマに調べていきます。
初めての革靴は迷わず黒の「ストレートチップ」

初めての革靴は迷わず黒の「ストレートチップ」

スーツを着用しない仕事の方などからよく聞かれるのが、「冠婚葬祭」用に革靴が欲しいけど何を買えば良いのか? という質問。 聞きたいけど今さら感があってなかなか聞けない方も意外と多いのではないでしょうか?
知っているようで知らない?ウイングチップシューズのこと

知っているようで知らない?ウイングチップシューズのこと

ウイングチップのシューズといえば、つま先がWの靴ね、と知っている人がほとんど。 ブローグ、セミブローグとなると?全部ウイングチップじゃないの?となる人もいるのでは。 今回は、そんなブローグ系のシューズに関して。
「Tricker's」のカントリーブーツにはダイナイトソール!

「Tricker's」のカントリーブーツにはダイナイトソール!

ダイナイトソールって何?と思われる方でも実物を見たら「これか!」となるのでは。 定番のラバーソールで、ビジネス靴にも重厚感のあるブーツにも採用されるアウトソール。 今回は「Tricker's」のブーツを見ながら説明していきます。
そもそもどの部分?革靴の内羽根と外羽根とは

そもそもどの部分?革靴の内羽根と外羽根とは

革靴を見ているとまず目につくのが「内羽根式」と「外羽根式」。 そもそも羽根って何?という方もいらっしゃるのでは。 いまさら聞けない、けど知っておきたい! そんな「靴の羽根」について。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT