2020年9月3日 更新

シンプルだからこそ感じるクオリティの高さ「MIZUNO M-LINE」という選択

ハイテク、ローテク、レトロデザインと多種多様なスニーカーの選択肢にお疲れ気味の方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、数年先も愛用できそうなシンプルなデザインに、ミズノだからこその高い品質を併せ持ったプロダクトの「ミズノ-Mライン」にスポットを当ててみました。

MIZUNO M-LINE

ミズノ公式通販 楽天市場店

「M-LINE(Mライン)」とは、ミズノが1972年に発売をスタートしたラインで、競技用シューズだけでなくカジュアルなラインも展開していたシリーズ。
その旧Mロゴをアイコンに再び打ち出されたラインが今回ご紹介する「MIZUNO M-LINE」になります。

もちろんただの復刻ではなく、ミズノが創業から大事にしているフィット感へのこだわりから改良を続けた木型を使い、1足ずつ国内生産で仕上げられる妥協のないプロダクトです。

MIZUNO MR 1

ミズノ公式通販 楽天市場店

まずは、代表的なモデルの「MIZUNO MR 1」
1970年代にモデルがあるこのスニーカーは、クラシックでシンプル。
シンプルだからこそ品質の高さを感じ、普遍的なデザインだからこそ長く愛用できる1足。


MIZUNO SCHOOL TRAINER

ミズノ公式通販 楽天市場店

70年代~80年代の体育館シューズをモチーフにした「M-LINE」初のコートシューズ「MIZUNO SCHOOL TRAINER」
大きくとったトゥガードや、かかとに当時の体育館シューズのネーム欄をモチーフにしたプリントが入ったりと、シンプル過ぎない大人な遊び心が入ったデザイン。
もちろん見た目だけではなく、インソールにクッション性の高いPUフォームを採用することにより履き心地へのこだわりも抜かりなく。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【MIZUNO】MIZUNO ENERZYを搭載した「rhrn2」が発売

【MIZUNO】MIZUNO ENERZYを搭載した「rhrn2」が発売

ミズノ株式会社のプレスリリース
【MIZUNO】×【XLARGE】初のコラボレーション

【MIZUNO】×【XLARGE】初のコラボレーション

株式会社ビーズインターナショナルのプレスリリース
【MIZUNO】「M-LINE」に体育館シューズがモチーフの新モデルが登場

【MIZUNO】「M-LINE」に体育館シューズがモチーフの新モデルが登場

ミズノ株式会社のプレスリリース 配信:PRTIMES

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT