2020年9月24日 更新

【Reebok】植物由来素材を原料とした、ブランド初の高機能性ランニングシューズ

リーボック アディダスグループのプレスリリース

 (8368)

「Reebok(リーボック)」より、
持続生産可能(サスティナブル)な商品開発の取り組みのひとつとして、植物由来素材を原料とする、ブランド初の高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW(フォーエバー フロートライド グロウ)」が、2020年10月1日(木)に発売予定。

リーボックは、商品原材料からバージン(未使用)ポリエステルの使用を削減する取り組みを始めており、2024年までにすべての原材料からバージンポリエステルを完全に排除することを目標として掲げている。
今後、「FOREVER FLOATRIDE GROW」にとどまらず、そのほかのリーボックを代表するモデルにも植物由来素材を使用したエディションが登場予定。


日本で開発された植物由来ミッドソール

 (8373)

ミッドソールには、積水化成品工業株式会社により開発された、高いクッション性と反発性をもたらす、植物由来の「エラスティルBIO」という素材を採用しています。このミッドソールは、持続可能な方法で栽培された唐胡麻(キャスタービーン、ひまし)から製造され、オリジナルモデルである「FOREVER FLOATRIDE ENERGY 2 (フォーエバー フロートライド エナジー2)」と同等のパフォーマンス性と軽量クッション性を維持することを実現しました。また、サスティナブルな形で調達され、最後には自然に生分解されるユーカリを原料としたアッパーは、丈夫さと通気性を兼ね備えています。ソックライナーには、侵入性増殖が進む地域から収穫されたブルーム藻を用いており、天然の防臭効果があります。加えて、柔軟性、耐久性ならびに反発力に富んだ天然ゴムのアウトソールは、一般的な高機能性フットウェアに採用されている石油ベースのゴムではなく、天然ゴムの木からサスティナブルな方法で調達されています。

商品概要

FOREVER FLOATRIDE GROW(フォーエバー フロートライド グロウ)

 (8377)

名称:FOREVER FLOATRIDE GROW(フォーエバー フロートライド グロウ)
品番/カラー:
[FX9307]クラシックホワイト/ストロー/スーパーニュートラル(メンズ)
[FZ0693]クラシックホワイト/ストロー/スーパーニュートラル(ウィメンズ)
サイズ:
25.0~31.0cm(メンズ)
23.0~28.0cm(ウィメンズ)
自店販売価格:¥15,400(税込)
発売日:2020年10月1日(木)予定
販売店舗:
・リーボック オンラインショップ( https://reebok.jp
・リーボックストア 渋谷
・リーボック フィットハブ(ららぽーとEXPOCITY、博多キャナルシティオーパ)
(※店舗により販売商品、サイズが異なる場合があり。)


■リーボックが目指す環境問題への取り組み
世界中の企業が環境を配慮した取り組みを展開しているなか、リーボックでは、サスティナビリティ向上のために、次の2ラインに注力した商品開発を推進しています。

✓ [REE] GROW(リーグロウ)
植物など天然素材による商品の開発、製造。
✓ [REE] CYCLED(リーサイクル)
リサイクル、または再利用された原材料による商品の開発、製造。

リーボックは、環境問題を考慮し、植物由来の素材を使用した商品の開発、製造を通して、石油由来のプラスチック素材の使用削減に取り組んでいます。さらに、商品に使用する原材料から未使用ポリエステルの含量を削減し、2024年までに完全に排除していくことに全力を注いでいきます。

リーボック アディダスグループお客様窓口
0570-033-033 (電話受付 平日9:30~18:00)
https://reebok.jp/

出典

 (8383)

15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【Reebok】国民的ヒーローアニメ「ULTRAMAN」とコラボレーション

【Reebok】国民的ヒーローアニメ「ULTRAMAN」とコラボレーション

リーボック アディダスグループのプレスリリース
【Reebok】INSTAPUMP FURY BOOST™第4弾は”TRICOLOR”

【Reebok】INSTAPUMP FURY BOOST™第4弾は”TRICOLOR”

リーボックアディダスグループのプレスリリース
【Reebok】INTERVALの2020年秋冬新色モデルが発売

【Reebok】INTERVALの2020年秋冬新色モデルが発売

リーボック アディダスグループのプレスリリース

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT