2021年12月17日 更新

【SPINGLE MOVE】2022年元旦にニューイヤーモデルのスニーカー2品番を限定発売

株式会社スピングルカンパニーのプレスリリース

 (13022)

「SPINGLE MOVE(スピングルムーブ)」より、新年の門出を華やかに彩る特別なモデルとして、丑から寅に変わる干支を表現したニューイヤーモデル2品番を2022年1月1日から全国の取り扱い店舗と公式ONLINE SHOP( https://www.spingle.jp )にて限定発売される。

初の試みとなる新年の門出を華やかに彩るニューイヤーモデルは、毛が付いた状態の牛革に虎柄をプリントしアッパー(ソールを除いた甲を覆う部分)に採用することで、丑(2021年)から寅(2022年)に変わる干支を表現。両品番とも、スピングルムーブの人気シューズであるミッドカットモデル「SPM-433」とローカットモデル「SPM-241」をベースにしている。

商品概要

SPINGLE MOVE 「SPM-470」

 (13026)

・ミッドカットモデル
・カラー:ブラック
・XS~XL(ユニセックス)の全7サイズ展開。
・メーカー希望小売価格:2万5,300円(消費税込)
・発売予定日:2022年1月1日

「SPM-470」の特長

 (13029)

・鹿革アッパーを採用したミッドカットモデル「SPM-433」がベース。
 (13030)



・パンツの裾からインパクトが出るようにつま先から側面、踵にわたる全周に特注したオリジナルの虎柄レザーを採用。(アッパーは全面牛革製)
 (13031)

・アッパーのステッチはイエローで統一され、程良くアクセントに。

・ベージュのコットン平紐が標準装備となり、寅をイメージしたブラックの蝋引き丸紐が付属される。
 (13032)



・ライニングとインソールは高級感のある黒で統一し、インソールのロゴは新年を祝う金色の特別仕様。

SPINGLE MOVE 「SPM-186」

 (13034)

・ローカットモデル
・カラー:ブラウン
・XS~XL(ユニセックス)の全7サイズ展開。
・メーカー希望小売価格:2万3,100円(消費税込)
・発売予定日:2022年1月1日

「SPM-186」の特長

23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT