2021年3月16日 更新

他にはないレインシューズを、現在も受け継がれるセルビアの農夫靴「オパナック」

革靴のような見栄えのラバーシューズ「OPANAK(オパナック)」 新しいレインシューズのブランドかと思いきや、歴史ある東欧のブランドとのこと。 日本代理店様にブランドヒストリーなどをお聞きすることができたので、ご紹介していきます。

 (9818)

南東ヨーロッパ・セルビアの農家で、今も愛用され続ける農夫靴「OPANAK(オパナック)」。
農夫靴としての機能性はもちろん、ファッション性の高さにも惹かれ日本に持ち帰ってきたのが、名古屋市に会社を構える「株式会社BOWCLAP」さん。

今回は、BOWCLAPさんにお伺いした「OPANAK」の歴史や魅力的な商品についてご紹介していきます。


OPANAK / オパナック

 (9829)

実は長い歴史を持つ「OPANAK」。
1935年、セルビアの民族衣装である先の尖った革靴「オパナック」を生産する小さな靴工房から全ては始まりました。

農業国であるセルビアでは、多くの農夫が革靴の「オパナック」で農作業を行っていました。
しかし革靴では滑りやすく、水に弱い、そんな農夫たちの悩みを解決すべく工房の創始者であるミタ・ガガとチェッキチ兄弟が開発した当時としては画期的なゴム製の「オパナック」。
それこそが今回ご紹介する「OPANAK」の始まりとなり、その後、四半世紀以上ほとんど形を変えずセルビアの方々に愛され続ける国民的シューズになっていきます。


続いては「OPANAK」のラインアップをご紹介していきます。



ストラップ

 (9832)

セルビアでは今も農夫に愛用されている「ストラップ」
四半世紀以上ほとんど形を変えず作られているのに、どこか「今」を感じさせるデザイン。
全身ラバー仕様なので、レインブーツまではいらない小雨の日はもちろん、革のような質感で普段履きにも使いたくなる1足です。

PRICE:6,300円(税抜)
SIZE:35/36/37
 (9835)

ブラック以外もレトロな雰囲気にコーデを楽しめそうなラインアップ。
ガーデニングシューズにしても良さそうです。


 (9837)

最初はストラップのベルトに穴が開いていません!
自身で調度よい箇所に穴を開けるスタイル。
このような仕様もセルビアで現役で扱われている靴だと感じられ、愛着が沸きますね。

オパナック1935

 (9840)

冒頭で紹介した革靴の「オパナック」をラバー製で復刻させた「オパナック1935」
とても農作業用だったとは思わない綺麗な形でデイリーユースで使いたくなる仕上がりです。

PRICE:6,800円(税抜)
SIZE:35/36/37/38/39/40/41

 (9842)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【moon star】810sの2020秋冬ラインが8月下旬よりスタート

【moon star】810sの2020秋冬ラインが8月下旬よりスタート

株式会社ムーンスターのプレスリリース
雨の日の仕事も問題なし!雨に強いビジネスシューズはこれ

雨の日の仕事も問題なし!雨に強いビジネスシューズはこれ

「梅雨」に「台風」など、春になって過ごしやすくなった一方で雨が増えてくる今日この頃。 長靴で出勤できれば良いのですが、そうはいかない方がほとんど。 かといって、無防備に革靴を雨にさらすのも避けたいところ。 今回は、「雨の日でも履ける」をテーマにビジネスシューズを探していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT