2021年3月16日 更新

他にはないレインシューズを、現在も受け継がれるセルビアの農夫靴「オパナック」

革靴のような見栄えのラバーシューズ「OPANAK(オパナック)」 新しいレインシューズのブランドかと思いきや、歴史ある東欧のブランドとのこと。 日本代理店様にブランドヒストリーなどをお聞きすることができたので、ご紹介していきます。

サンプルを履かせていただきました。
程よいゴムの光沢感で、ぱっと見革靴を履いているようなイメージです。
着用画像が少しキレイ寄りなパンツで合わせていますが、デニムやカーゴなどに合わせても相性◎です。


OPANAKの特徴

 (9852)

バルカナイズ製法

OPANAKは、ゴムに硫黄を添加し、熱すると硬化するゴムの加硫法を用いた「バルカナイズ製法」で作られています。
100度以上の釜で1時間以上加熱したうえ、冷ますために大型扇風機の風に長時間さらし、RUSTと呼ばれる靴型に職人がパーツを一つずつ貼って仕上げる大変手間がかかるこの製法を職人が1点1点行うことにより、繊細な形を崩さず丈夫で剥がれにくいといった耐久性が生まれる仕上がりになっています。

「農夫靴」としての機能性

 (9851)

セルビアでは現役の「農夫靴」ですので、足先を守るようにつま先部分は厚みを持たせ、靴底には滑り止めの為に溝が施されるなど、農作業のためのスペックを備えています。


株式会社BOWCLAP

 (9855)

「OPANAK」のご紹介はいかがでしたでしょうか?
デザイン性の高さはもちろん、今も現役の農夫靴で活躍しているという機能面でのバックボーンもしっかりとした要注目のブランドです。

また、公式には打ち出しをされていないのですが、セルビアは裕福な国というわけではなく、日本で「OPANAK」が広まると現地の若者たちの仕事にも貢献できるという側面も持っています。
セルビアの靴工房と、それを日本へ繋げるBOWCLAPさんの思いのこもった「OPANAK」をぜひお試しください。

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【moon star】810sの2020秋冬ラインが8月下旬よりスタート

【moon star】810sの2020秋冬ラインが8月下旬よりスタート

株式会社ムーンスターのプレスリリース
【CAMPER】 2021 Autumn / Winter LOOKBOOK公開

【CAMPER】 2021 Autumn / Winter LOOKBOOK公開

CAMPER(カンペール)のプレスリリース

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT