2021年6月7日 更新

雨の日の仕事も問題なし!雨に強いビジネスシューズはこれ

「梅雨」に「台風」など、春になって過ごしやすくなった一方で雨が増えてくる今日この頃。 長靴で出勤できれば良いのですが、そうはいかない方がほとんど。 かといって、無防備に革靴を雨にさらすのも避けたいところ。 今回は、「雨の日でも履ける」をテーマにビジネスシューズを探していきます。

 (10344)

例年より早めの梅雨入りとなり、雨の日が続いていますね。
通勤で靴が濡れてしまい、お手入れで億劫になっている方も多いはず。
そこで今回は、「雨の日の靴」をテーマに何点かピックしていきたいと思います。

わざわざ雨用の靴なんていらないと思われるかもしれませんが、靴が傷んで駄目になってしまう事などを考えると経済的な面でもメリット有りです。
梅雨が終われば台風と、まだまだ雨は続きますので、ここらで雨対策をご検討されてみてはいかがでしょう。


グッドイヤーウェルトのラバーソール

MiniMonkey スニーカー&ブーツ 楽天市場
Rakuten Fashion
まずは、「普通の革靴」から。
上記のような革靴は、「グッドイヤーウェルト製法」というアウトソールが靴と直接縫い付けられていない製法と、「ラバーソール」を使用することにより靴底からの水の侵入に強い仕上がりになっています。
雨の日でもしっかりと革靴を履きたい方は、このタイプ。

防水スプレー必須

コロニル オフィシャルストア 楽天市場
製法、ラバーソールで靴底が水の侵入に強くても「普通の革靴」です。
防水スプレーの使用は必須。





「雨天対応」モデルで探す

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今年はオンラインでも!「ISETAN靴博2021」伊勢丹新宿店にて開催!!

今年はオンラインでも!「ISETAN靴博2021」伊勢丹新宿店にて開催!!

株式会社三越伊勢丹ホールディングスのプレスリリース
グッドイヤーウェルト製法より格下?気になるマッケイ製法のこと

グッドイヤーウェルト製法より格下?気になるマッケイ製法のこと

革靴を探すとよく見る「グッドイヤーウェルト製法」と「マッケイ製法」。 お店で買い物をしていてもこちらは「グッドイヤー」なので、長く履いていただけます等の売り文句は聞くのに、 「マッケイ」推しの売り文句はあまり見ない気がします。 マッケイはグッドイヤーウェルトよりランクが低いのか?そもそも「マッケイ製法」って何なのか? ということで、今回は「マッケイ製法」にスポットを当てどのような靴の作り方なのかを調べていきます。
【REGAL】が提案するサステナブルな選択

【REGAL】が提案するサステナブルな選択

株式会社リーガルコーポレーションのプレスリリース

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT