2019年6月11日 更新

知っているようで知らない?ウイングチップシューズのこと

ウイングチップのシューズといえば、つま先がWの靴ね、と知っている人がほとんど。 ブローグ、セミブローグとなると?全部ウイングチップじゃないの?となる人もいるのでは。 今回は、そんなブローグ系のシューズに関して。

1,026 view お気に入り 0

ウイングチップ

 (650)

「ウイングチップ」といえば、まさに上記画像のようなシューズですね。
厳密にはトゥに翼(「W」ING)のような切り替えしが入っている靴の総称です。
 (652)

おしゃれな飾り?

もちろん今では、カジュアル感やトラッドな雰囲気を出すのに大活躍なデザインですが、
やはりデザインには意味があります。
まずは、殆どのウイングチップの靴に施してある「メダリオン」
 (655)

そもそも、ウイングチップ、ブローグ系の発祥が16~17世紀にスコットランド、アイルランドで履かれていた労働靴とされており、雨などの水に濡れても平気なようにつま先部分の革を2重にし、通気性の確保のために多数の穴が施されていました。
この靴が19世紀頃にイギリスに渡り、英国貴族がハンティングなどに使用する「カントリーブーツ」として
デザイン面も洗練されていきました。
 (659)

トリッカーズの「カントリーブーツ」
堅牢な作りはまさに田舎(カントリ-)を散策する為のブーツですね。

ブローグ

ウイングチップとセットで耳にする「ブローグシューズ」
端的に言うと「穴をあけた装飾が施された靴」です。
つまりウイングチップ=ブローグ?となりがちですが、実は様々な種類が!
ここからはブローグの種類をご紹介。

フルブローグ

 (665)

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

革の靴底「レザーソール」とは

革の靴底「レザーソール」とは

「ラバーソール」と「レザーソール」どちらが良いのか? 永遠のテーマの用に扱われていますが、それは一旦置いておき、 そもそもレザーソールとはをテーマに調べていきます。
LIFOOT | 371 view
初めての革靴は迷わず黒の「ストレートチップ」

初めての革靴は迷わず黒の「ストレートチップ」

スーツを着用しない仕事の方などからよく聞かれるのが、「冠婚葬祭」用に革靴が欲しいけど何を買えば良いのか? という質問。 聞きたいけど今さら感があってなかなか聞けない方も意外と多いのではないでしょうか?
LIFOOT | 597 view
「Tricker's」のカントリーブーツにはダイナイトソール!

「Tricker's」のカントリーブーツにはダイナイトソール!

ダイナイトソールって何?と思われる方でも実物を見たら「これか!」となるのでは。 定番のラバーソールで、ビジネス靴にも重厚感のあるブーツにも採用されるアウトソール。 今回は「Tricker's」のブーツを見ながら説明していきます。
LIFOOT | 911 view
そもそもどの部分?革靴の内羽根と外羽根とは

そもそもどの部分?革靴の内羽根と外羽根とは

革靴を見ているとまず目につくのが「内羽根式」と「外羽根式」。 そもそも羽根って何?という方もいらっしゃるのでは。 いまさら聞けない、けど知っておきたい! そんな「靴の羽根」について。
LIFOOT | 469 view
「GINZA SHOE SHINE FESTA~靴磨き選手権大会 2020~」の開催が決定

「GINZA SHOE SHINE FESTA~靴磨き選手権大会 2020~」の開催が決定

株式会社三越伊勢丹ホールディングスのプレスリリース 配信:PRTIMES
LIFOOT | 7 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT