2018年12月21日 更新

CITY FELLOWSはビジネスマンの味方

FELLOWSのセカンドライン的な位置付けとなる「CITY FELLOWS」 毎日外回りに追われるビジネスマンに向けたラインです

【CITY FELLOWS】

 (34)

ビジネスシーンから、フォーマルシーンまでぴったりとカバーする丁度良い1足。
様々なシーンを共にできる相棒(FELLOWS)になるような1足を。
そんな思いを込めて誕生したブランドです。

made in japan

 (38)

日本の靴職人により、何度も試作を繰り返しながら開発されたオリジナルラストは、
2E相当のロングノーズラストになっており、日本人の足に合う履きやすさとオシャレ感を兼ね合わせたブランド自慢のラストです。

アウトソール

 (41)

オリジナルのラバーソールは歩行時の衝撃を和らげ、雨の日でも気にせず履ける1足に仕上がっています。

モデルネーム

「CITY」 FELLOWSの名前の通り、モデルごとに日本の各都市名が付けられています。

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

グッドイヤーウェルト製法より格下?気になるマッケイ製法のこと

グッドイヤーウェルト製法より格下?気になるマッケイ製法のこと

革靴を探すとよく見る「グッドイヤーウェルト製法」と「マッケイ製法」。 お店で買い物をしていてもこちらは「グッドイヤー」なので、長く履いていただけます等の売り文句は聞くのに、 「マッケイ」推しの売り文句はあまり見ない気がします。 マッケイはグッドイヤーウェルトよりランクが低いのか?そもそも「マッケイ製法」って何なのか? ということで、今回は「マッケイ製法」にスポットを当てどのような靴の作り方なのかを調べていきます。
雨の日の仕事も問題なし!雨に強いビジネスシューズはこれ

雨の日の仕事も問題なし!雨に強いビジネスシューズはこれ

「梅雨」に「台風」など、春になって過ごしやすくなった一方で雨が増えてくる今日この頃。 長靴で出勤できれば良いのですが、そうはいかない方がほとんど。 かといって、無防備に革靴を雨にさらすのも避けたいところ。 今回は、「雨の日でも履ける」をテーマにビジネスシューズを探していきます。
【REGAL】が提案するサステナブルな選択

【REGAL】が提案するサステナブルな選択

株式会社リーガルコーポレーションのプレスリリース

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT