2018年12月21日 更新

革の靴底「レザーソール」とは

「ラバーソール」と「レザーソール」どちらが良いのか? 永遠のテーマの用に扱われていますが、それは一旦置いておき、 そもそもレザーソールとはをテーマに調べていきます。

その名の通り、1枚の革で構成されたアウトソールです。
ビジネス、ドレスの基本的なソールです。
足馴染みが良く、育っていく過程を早く感じられるソールではないでしょうか。

ダブルソール

 (1448)

先程のシングルソールの間にもう一枚革を挟んだものをダブルソールと呼びます。
このインソールとアウトソールの間に挟んだソールのことを「ミッドソール」と呼び、耐久性、耐水性が
向上します。
ですが、1枚底が増えているので重量が増し、足馴染みもシングルより悪くなります。
堅牢なイメージのカントリー系のシューズに多く用いられています。

トリプルソール

ダブルがあれば当然トリプルも存在します。
「J.M.ウェストン」のトリプルソールが有名どころではないでしょうか。
しっかりしたドレス顔にごつく張ったコバはかっこいいの一言です。

カラス仕上げ

 (1453)

ここからは仕上げに関して、
画像のように真っ黒に仕上げたものをカラス仕上げと呼びます。
よりフォーマルな物に採用されているイメージです。

また、地面に触れる部分以外(土踏まず、アウトソールの腹部分)を黒く仕上げる「半カラス仕上げ」も
あり、そちらもドレッシーな印象を与えます。

靴マニアへの第一歩?

 (1456)

今回ご紹介したのは、「レザーソール」とは入門編です。
まだまだ製法等、今後ご紹介したい事が山ほどあります!
まずはこの記事でレザーソールに興味をお待ちいただき、次にケアの仕方。。。と、
掘り下げればきりがない革靴の知識。
この記事が靴好きへの第一歩になれば幸いです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「Tricker's」のカントリーブーツにはダイナイトソール!

「Tricker's」のカントリーブーツにはダイナイトソール!

ダイナイトソールって何?と思われる方でも実物を見たら「これか!」となるのでは。 定番のラバーソールで、ビジネス靴にも重厚感のあるブーツにも採用されるアウトソール。 今回は「Tricker's」のブーツを見ながら説明していきます。
初めての革靴は迷わず黒の「ストレートチップ」

初めての革靴は迷わず黒の「ストレートチップ」

スーツを着用しない仕事の方などからよく聞かれるのが、「冠婚葬祭」用に革靴が欲しいけど何を買えば良いのか? という質問。 聞きたいけど今さら感があってなかなか聞けない方も意外と多いのではないでしょうか?
知っているようで知らない?ウイングチップシューズのこと

知っているようで知らない?ウイングチップシューズのこと

ウイングチップのシューズといえば、つま先がWの靴ね、と知っている人がほとんど。 ブローグ、セミブローグとなると?全部ウイングチップじゃないの?となる人もいるのでは。 今回は、そんなブローグ系のシューズに関して。
そもそもどの部分?革靴の内羽根と外羽根とは

そもそもどの部分?革靴の内羽根と外羽根とは

革靴を見ているとまず目につくのが「内羽根式」と「外羽根式」。 そもそも羽根って何?という方もいらっしゃるのでは。 いまさら聞けない、けど知っておきたい! そんな「靴の羽根」について。
【SHETLANDFOX】の世界観を体感できるイベントを日比谷OKURIOJIにて開催

【SHETLANDFOX】の世界観を体感できるイベントを日比谷OKURIOJIにて開催

株式会社リーガルコーポレーションのプレスリリース

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT