2021年5月11日 更新

楽で、洒落てて良いことずくめ!ローファーのすすめ

普段はスニーカーだけどたまには革靴コーデもしたい! だけどいざ探し始めると、これジーンズに合わせていいの?てか紐靴面倒くさい! など入口のところで二の足を踏んでいる方も多いのでは? 今回は雰囲気もあり、気楽に履けるローファーを探してみました

 (5678)

今回は、たまには革靴を履きたい!けど紐靴は面倒くて億劫だ!
という方にぴったりの「ローファー」を探してみました。
loafer=怠け者という話もよく見ますが、本当に手間なく履けて雰囲気は抜群にでる万能選手。
初めての革靴にもぴったりな1足を探していきましょう。

Dr.Martens(ドクターマーチン)

amzon.co.jp
まずは、カジュアル寄りながらも意外と合わせる服に困らない「Dr.Martens(ドクターマーチン)」
定番タッセルローファー「ADRIAN 」。
マーチンといえば8ホール、3ホールを思い浮かべる方が多いのですが、こちらのタッセルローファーも負けず劣らずファンの多い名作。
アッパーが馴染むまで若干の修行期間はありますが、馴染んでしまえば気が付いたら履いていしまう使える1足になっているはず。

Paraboot(パラブーツ)

amazon.co.jp
続いては「Paraboot(パラブーツ)」の「 REIMS(ランス)」
パラブーツと言えば!な主張しまくりのステッチと厚めのラバーソールでシンプルなデザインながらも足元の存在感は抜群。
お高めのお値段にはなりますが、お手入れをしながら大事に履くことにより、数年後にはやっぱり買って良かったと思わせてくれる1足です。
amazon.co.jp
「ランス」とはガラッとイメージが変わる「CORAUX(コロー)」
定番デッキシューズの「BARTH(バース)」をベースにしたローファー。
スリムな革の質感と、デッキシューズに使用しているアウトソールも相まって夏場は特に活躍します。

G.H.BASS(ジーエイチバス)

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今年はオンラインでも!「ISETAN靴博2021」伊勢丹新宿店にて開催!!

今年はオンラインでも!「ISETAN靴博2021」伊勢丹新宿店にて開催!!

株式会社三越伊勢丹ホールディングスのプレスリリース
国内デニムの聖地で作り出されるこだわりのシューズ「KOJIMA SHOE MAKERS」

国内デニムの聖地で作り出されるこだわりのシューズ「KOJIMA SHOE MAKERS」

「岡山デニム」という通称があるほど有名な国内デニムの聖地岡山。 今回ご紹介する「KOJIMA SHOE MAKERS(コジマシューメイカーズ)」は、その聖地岡山の児島にある靴工場から送り出されるプロダクト。
グッドイヤーウェルト製法より格下?気になるマッケイ製法のこと

グッドイヤーウェルト製法より格下?気になるマッケイ製法のこと

革靴を探すとよく見る「グッドイヤーウェルト製法」と「マッケイ製法」。 お店で買い物をしていてもこちらは「グッドイヤー」なので、長く履いていただけます等の売り文句は聞くのに、 「マッケイ」推しの売り文句はあまり見ない気がします。 マッケイはグッドイヤーウェルトよりランクが低いのか?そもそも「マッケイ製法」って何なのか? ということで、今回は「マッケイ製法」にスポットを当てどのような靴の作り方なのかを調べていきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

LIFOOT LIFOOT